◆TOKYO-MX「未来企業/馬業界の課題に取り組む馬事学院(YouTube配信)◆馬の学校比較

近年、競馬産業が圧倒的な右上がりに上る裏側で抱える馬社会の課題「①過剰生産ゆえに売れ残るサラブレットの現状②競馬という役目を終えた行き場のない引退競走馬(引退馬)の行方③馬社会を担う深刻な人材不足」こうした課題に取り組むのが、株式会社馬事学院という企業。毎年、セリで他に買い手がないサラブレットを購入し、また、全国から年間60頭もの引退馬を集め、未経験からJRA厩務員や牧場就職を目指す若者の人材教育に携わる馬事学院(東関東馬事専門学院・東関東馬事高等学院)その企業の実態に迫る!

馬社会の課題へ向き合う馬事学院(バジガク)

1、過剰生産が進むサラブレットの現状

2、行き場のない競馬引退馬があふれる

3、馬社会を担う深刻な人材不足の状況

これら課題にどう向き合うか?バジガクが試される・・・

2019年10月~2020年3月まで、約6ヶ月間にわたり、馬の学校 東関東馬事専門学院・東関東馬事高等学院を運営する株式会社 馬事学院(通称:バジガク)という企業の取り組みに密着した未来企業!令和2年6月23日にTV放送された馬の学校、企業の新しい挑戦

YouTube再生【無料動画配信はコチラ

◆概要(まとめ)◆

近年、競馬産業が圧倒的な右上がりに上る裏側で抱える馬社会の課題「①過剰生産ゆえに売れ残るサラブレットの現状②競馬という役目を終えた行き場のない引退競走馬(引退馬)の行方③馬社会を担う深刻な人材不足」こうした課題に取り組むのが、株式会社馬事学院という企業。毎年、セリで他に買い手がないサラブレットを購入し、また、全国から年間60頭もの引退馬を集め、未経験からJRA厩務員や牧場就職を目指す若者の人材教育に携わる馬事学院(東関東馬事専門学院・東関東馬事高等学院)その企業の実態に迫る!

YouTube再生

無料動画配信はコチラ

 

◆馬の学校 比較しると…◆

現在、国内にはJRA厩務員や競走馬を担う牧場就職、さらには乗馬クラブ・観光牧場・養老牧場など、馬従事者を育成するための馬の学校が数か所存在する。それぞれの特徴はあるものの、馬の学校 比較すれば、株式会社馬事学院(通称:バジガク)の実態が見える。現在、入学者数・在籍数もNO1を誇る。まずは、本校の資料を請求してみては…。

 

ページトップへ
入学可能エリア
求人・就職エリア