馬の学校 東関東馬事専門学院では、質の高い授業を、"低価格"で受講できる2つの理由!

学費の負担が大幅に軽減される!

生徒たちの在学中の「力」が、収益を生み出す仕組みに…だから、生徒全員に「授業費50%(144~189万円)」を還元!

本校では、生徒たちが在籍していることで、「①本校のキャンパス内で年10回以上の馬術競技大会の開催が可能になる」であったり、「②生徒たちが携わる引退競走馬からの乗用馬への転用につながり(競走馬を引退し行き場のない馬の第二の人生へ)乗馬クラブなどからの売却収入が増える」さらには、「③生徒たちが育成管理する競走馬が無事にレースに出走することで、競馬会より助成金の給付やレース出走手当、賞金獲得」など、生徒たちが授業に取り組んだ成果により、実は、会社としても多くの収益向上につながっているのです。

①年10回の馬術競技会の開催における収益
②引退競走馬からの乗用馬転用での売却収益
③現役競走馬のレース出走及び獲得賞金収益

したがって、入学対象者へ還元

なんと…授業費の50%(約144万円〜189万円)を学費の納付時に免除

本校に生徒たちが在学していることで、会社としての収益を見込み、本校への入学を決定した生徒たちに対して、学費の納入時期に合わせて『授業費の50%相当(約144万円~189万円)』を免除する本校独自の『馬業界就職支援制度』です。

その1 東関東馬事専門学院なら、未経験から厩務員受験が可能 基本馬術から競走馬の育成まで、様々な経験を積めるから!

本校では、日本馬術連盟の公式な馬術大会を開催しています。オリンピック選手からビギナー選手まで幅広い層の競技選手の方に参加して頂いており、多い時で本校キャンパス内に外部の乗馬クラブ様より160頭程度の競技馬が集まります。関東でも日本馬術連盟が特別に認めた(4スタークラス)の大きな馬術大会の開催が許された特別な馬術競技場でもあり、生徒たちにおける競技会運営のお手伝い、サポートのおかげで年間10回以上もの馬術大会の開催が行われております。

   
   
   

その2 行き場がなくなった引退競走馬を引き取り生徒たちにより乗用馬への転用調教をおこない、乗用馬転用へ

◆引退競走馬からの乗用馬転用での売却収益

本校では、競走馬を引退して「行き場の失った馬たちの積極的な受け入れ」を行っています。引退競走馬をおとなしい乗用馬として乗馬クラブなどで活用するためには、通常、数か月間の調教期間が必要となるケースが多く、さらに競馬を引退した直後は、足や体の怪我や故障が多いことから、その治療や休養期間に3か月~6か月ほど必要となる馬たちも少なくありません。
こうしたことを背景に、すぐに乗用馬として使う事の出来ない引退競走馬を受け入れてくれる乗馬クラブは限られ、引退した多くの馬は肥育用として売却されてしまうのが現状です。本校では、そうした馬を1頭でもできるだけ多く受け入れ、生徒たちと一緒にケアしながら調教を進め、徐々に乗用馬として活躍できるよう乗馬レッスンや馬術大会で活躍させていくことで、その馬たちが他の乗馬クラブさんから高く評価され「購買依頼」をいただく事が多く、私たちはこの学校と生徒を通じて、年間40頭以上もの馬たちを乗馬の世界へ送り出しています。そして、その売却益の一部を、怪我や故障で入ってくる馬の治療費や、馬を引き取る費用にまわし、同時にそうした乗用馬転用の取り組みに力を貸して頂ける生徒たちに売却収益の一部を還元し、授業費の負担を軽減に活用しています。

   
   
   

その3 生徒たちが管理する競走馬がレースに、

◆現役競走馬のレース出走及び獲得賞金収益

本校では、平成29年現在、約30頭の競走馬を管理しています。地方競馬では南関東エリア(大井競馬場、浦和競馬場、船橋競馬場、川崎競馬場)をはじめ、門別競馬場、金沢競馬場、名古屋競馬場、笠松競馬場、園田競馬場など、多くの競馬場で活躍しており、普段生徒たちが面倒を見てくれる競走馬たちが様々な競馬場でレースに挑みます。馬主としてスタートした平成27年では10戦、平成28年には21勝と多くの所有馬も無事に活躍しており、出走手当などとは別に、年間2000~3000万円もの賞金の80%を獲得しており、その賞金の一部を、福祉や街のイベント、新しい生徒たちの教材として、サラブレッドセールなどでの競走馬の購入や、その余剰金を見込み将来、競走馬や乗馬産業を担う若手の人材育成支援の一環として、本校への入学を希望する生徒たちの授業費軽減に役立てています。

   
東原騎手とバジガクラフィーネ号
 
Xmas風のバジガクスペラーレ号
 
東原騎手とバジガクン号
   
木之前葵&バジガクラフィーネ号
 
笹川騎手とバジガクン号(新馬戦)
 
澤田騎手とルヴェルテュール号
   
臼井騎手とバジガクパルフェ号
 
濱田騎手とスマートシュガー号
 
金沢プリンセスカップに出走!

さらに!! 本校なら、実務訓練期間中(インターンシップ期間中)約60万円~100万円の報酬が直接受け取れます。

本校では、入学から7か月目以降(4月入学の場合は10月以降)を目安に、本校が指定する外部の乗馬クラブや育成牧場などで実務訓練を行っていきます。実務訓練とは、「実際の現場で求められるスキルやノウハウを現場で学ぶ良い機会」であり、即戦力を身に付けていきます。

また、本校では、この「働きながら学び、学びながら働ける」実務訓練期間中に、2週間で5万円、1か月で10万円の報酬を生徒自身が得られます。生徒たちは、この実務訓練(インターンシップ)を通じて、報酬を受け取れるだけでなく、自らの適性や希望をじっくり考え、比較しながら確実に就業へと繋いでいける大きなきっかけとなっています。

     
野外騎乗にも挑戦!
 
競走馬の育成にも…
 
競走馬のセリに参加!
 
当歳馬の購入にも…
     
中継でレース観戦
 
担当馬の管理も…
 
生徒たちで競走馬育成
 
レース出走前の馬管理
     
本格的な育成調教も…
 
門別競馬場で…笑
 
飛行機で遠征へ…
 
競馬場へ送り出す…

東関東馬事専門学院ならではのとっておき授業

ページトップへ
入学可能エリア
求人・就職エリア